カネリョウとは

製造。人の技術と想いの、あわせワザ。

海から水揚げされた海藻は、海の恵みを育みキラキラと輝いています。しかし天然素材ゆえに、小さな海の生き物や小石、目を凝らしてようやくそれとわかる貝殻などが付着しています。それらを除去する選別作業にはオートメーション化できない根気強いキメ細かな「人」の感性が不可欠。一方で、全国屈指の生産量を誇る製造ラインでは、最先端の生産管理技法と、独自開発の装置・機器が活躍中。「つくりだす」という想いと技術が詰まったオンリーワンのラインから、今日もおいしい海藻製品をお送りしています。

「海藻のパイオニア」の名に恥じない、新発想・新技術・新展開。

本社社屋に隣接する本社工場は、製造から箱詰めに至るまで、非常に高いレベルで自動化を達成しています。とはいえ、どんなに機械化が進もうと、製造現場の主役はやはり、熟練の技術と意欲を兼ね備えた「人」の力です。

製造ラインで最新の機械・装置の導入が進む一方、今でも200人を超える多数のスタッフが活躍しています。塩蔵品でも乾燥品でも、細かな異物を識別・除去するには、人間の目と指先が持つ繊細な感覚が不可欠。この選別作業を機械に任せるわけにはいきません。常に消費者の立場に立ち、どんな小さな異物も見逃すまいとする強い想いが責任感を保つことができるのです。さらには一人ひとりのスキルを伸ばすための社員教育制度も完備。優秀な社員に毎月金銀銅のメダルを授与する独自の表彰制度など、社員の意欲を引き出す工夫も成果をあげています。生産設備を着実にブラッシュアップできるのも、高レベルな「人材力」あればこそです。機械メーカーとの共同開発によるオリジナル装置(充填機、計量機、包装機など)や自動倉庫など、生産ライン内はもちろん、ラインを取り巻く周辺設備にも先進的な技術を積極的に導入しています。また衛生管理の徹底にも力を注ぎ、商品の生産・製造・流通経路がわかるトレーサビリティも確立しています。人と技術の力を最大限に活かした生産体制。それは他社に真似できない大きな特長であり、財産です。


味付もずくの生産工程
生産工程